2017年02月05日

ロープ・スプライスのワークショップを開催しました

ツリーイングをやっている何人かの仲間から「ロープ・スプライス(ロープを継ぐ加工)をやってみたい」とお声かけいただいたことから、このたびワークショップを開催しました。

■2月4日
会場は、大山町にある夕陽の丘神田「山香荘」のバンガローを借りました。
この日は珍しく快晴で、大山もクッキリ!
雪などの道路状況を心配していた広島、奈良からの参加者も集合時間の13時には到着されていました。

チェックインを済ませて、荷物をバンガローに入れ、早速ワークショップを開始。

ロープの構造や素材の特徴などを一通り説明した後、まずは簡単な3ストランドロープのアイスプライスに挑戦してもらいました。
これは、皆クリア。

次に、ご自分で持ち込んでもらったロープのスプライスに挑戦。
ロープの構造や繊維の種類を確認してもらってスプライス方法選んでいただき、テキストの手順に従って、マーキング、ココアの抜き出し、テーパー処理などを慎重に行っていきます。
初めてスプライスに取り組むのはもちろんのこと、みんな使用済ロープを持ち込んだこともあって、コアの抜き出しにかなり時間を要しました。

ここまでで、夕食の時間になったので、手分けをして宴会(実はこっちが主目的だったりしてw)の準備。
夕方から参加のメンバーも加わって、一層賑やかに!

作った料理は、地元産の食材で作ったポトフ、大山鶏の柚子胡椒焼き、湯豆腐、カレイの煮つけ、鳥取の地酒各種、差し入れていただいた柿の葉ずしに大山Gビールなどなど、なかなかのボリュームになりました。

みんな深夜まで、呑んで、食べて、語って、笑って…楽しい宴会になりました。
(でも、この時間に続きの加工ができなかったがことが後で…)

■2月5日
残っている工程は、コアとシースの入れ替えとロックステッチ。

チェックアウトが10時なので、あまり時間がありません。
朝食も早々に済ませて、続きをやってもらいます。

使用済ロープなので、コアと心にするシースのクロスオーバー部分が長い16ストランドロープの加工が特に苦戦。工程は単純なのですけどねぇ。ロープを”こだらかす”コツがつかめないと難しいんですよね。
結局、時間内に完成することができませんでした。うーむ残念。

ダブルブレードロープの加工に取り組まれた方は、なんとか概ねゴールが見えるところまでできましたが、こちらも中途で時間切れに。

「やっぱり最後まで完成させたいよね。」ということで、2回目のワークショップを開催することになりました。
次回開催できるのは4月の上旬ぐらいかな。(また、結局呑んでしまったりしてw)
Splice Workshop #1 20170204.JPG
posted by Swing-Birds at 19:13| 鳥取 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック